大手クラウドファンディング『CAMPFIRE』が融資型クラウドファンディングを今春開始。事前登録も始動

ニュース概要

株式会社CAMPFIREの完全子会社である株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALは第二種金融商品取引業取得手続きを2019年2月6日に完了し、2019年春に融資型クラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE Owners』を提供開始すると発表した。

金融機関や従来の融資型クラウドファンディングでは資金調達が難しかった、法人や団体を主な対象とした、支援者とのマッチングプラットフォームとなる。利回りは最低1.5%〜、調達額は最低10万円〜とプロジェクトオーナーにとっては利用しやすい設定となっている。支援者は最低1万円からプロジェクトに融資することができる。

CAMPFIRE Ownersの公式サイトでは事前登録が開始しており、登録者に最新情報を配信している。

融資型クラウドファンディングとは

融資型クラウドファンディングは、資産運用を行いたいユーザー達から募った資金を、事業者に貸し付ける形のクラウドファンディングで、事業者からの利息をリターンとして受ける形をとる。「ソーシャルレンディング」とも呼ばれ、従来の金融機関では融資できないプロジェクトなどへ貸付を行えることから、今注目されている事業形態だ。

従来のように、共感したプロジェクトオーナーを直接支援し、対価として割引サービスや支援者固有の特殊オプションを引き受ける「購入型クラウドファンディング」とは大別されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)