河野外相、記者からの質問を繰り返し無視。ロシア外交が上手く進まずか

ロシアとの北方領土問題に関して、河野外務大臣は11日の記者会見で日本政府の基本方針を問われたが、記者からの質問に対し、4連続で無視する一幕があり、物議を醸している。記者団が「公の場での質問に対し、そうした答弁は不適切ではないか」とただすと、「交渉に向けての環境をしっかり整えたい」と説明になっていない説明をした。

基本方針すら明かさない

河野外務大臣は、「政府の方針を交渉の場以外で発信することは、よけいな臆測を呼び、交渉のためにならない」として、国会でもたびたび発言を控えることに理解を求めていて、国会での質疑にも応じない姿勢を見せてきた。今回の対応も同じような根拠を持っていると思われるが、これは理由としては要領を得ない。はっきり述べると、今の政府方針すら明かせないのは、ロシア側との交渉がうまく進んでいないことが推察される。

北方領土問題に関してロシアのラブロフ外相は、「第2次世界大戦の結果、北方領土はロシアの領土となったことを日本が認めない以上、交渉は進められない」と日本側に強気の姿勢を見せ、トルトネフ副首相も、強い姿勢で交渉に臨むと強調している。

ついに記者会見も”ブロック”するのか

今回の件を受け、ネット上では河野外務大臣がツイッター上で都合の悪い指摘をしたユーザーをブロックすることが有名であることを掛けて、「ついにリアルで記者までブロックし始めたか」と揶揄されるなど、強い批判に晒されている。

立憲民主党の辻元国対委員長は、記者が質問する背景には国民がいるとした上で、「国民無視だと思う」「今回の姿勢は外務大臣失格というような声も出ざるを得ない、残念でなりません。」と述べた。

安倍内閣ではいわゆるご飯論法と呼ばれる、論点のすり替えや誤魔化しが問題視されているが、今回の”ブロック”は質問自体をなかったことにしようとしている点でご飯論法にも劣ると断じざるを得ない。

辻元氏は記者団からの「安倍政権では、どの外交交渉を巡ってもなかなか情報が出てこないところがある。今後の国会対応はどのように臨んでいくのか」との質問に「次々、目先だけを変えた外交になっているのではないか」との危惧し、通常国会では大きな争点になるかも知れない見方を示した。

引用元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)