新たな”点字”の形〜印刷文字読み取りデバイスをMITが開発

Fingerreader公式より

指先で触れると文字を音声で読み取ってくれるデバイス

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、指輪のように手に装備することで「印刷された文字」を読み取って音声で読み上げるデバイスを開発し、すでにそのプロトタイプ「Fingerreader」が完成している。
現在、視覚に障がいを持つ方のための補助機能「点字」が公共施設を中心に、広く社会に取り入れられている
ようにはなったが、今後すべての施設や街中の設備などに実装されていくというのは少々考えづらいのが現実
だ。
そこで今後は、この「Fingerreader」の市場への普及と実用化を目指して現在出資を募っている段階だ。

Fingerreader 公式

利便性はスマホアプリよりもかなり向上

現在、スマホで「カメラで文字を読み取る」ことができるアプリはすでにリリースされているが、実際に視覚
に障がいを持つ人にとってはスマホを介した読み取り機能では使い勝手が良いとは言えない。
Fingerreaderの基本的な仕組みはスマホアプリとほぼ同じだが、実用化を目指したウェアラブルデバイスとして
開発され、そこからスマホやラップトップPCへと接続して「指先でそのまま」文字を読み取れるように作られ
ている。
指先部分にある小型カメラは、かざした先に「文字」があるとそれを拾ってリアルタイムに音声変換してくれ
る。
さらに カメラが文字列を「外した」際には振動でお知らせするという機能もあり、食品や日用品などのパッケ
ージ、手紙、広告なども読み取ることができるという。
ただしフォントは12ポイント以上に対応で、現在のところは英語などいくつかの言語に対応していて、全世界
で普及するためには資金調達や量産化の段階以前に、まだまだ実証データの収集や改良や再開発の必要もある
ことだろう。

テクノロジー進化は「ヒト」のためのもの

このデバイスは、ハンディキャップ補助という目的があって開発されたものだが、技術の革新の前提には必ず
「目的」があって、その方法としての手段がある。
人体の機能を失った場合に対しての周りの人々のケアや「親切心」が、ハンディキャップの手助けやサポート
へと繋がることは当然だが、それは立ち位置を変えて「人体機能が十分」な健常者にとっても同じこと。機械
もプログラムもすべては「ヒト」ができないことを補助する目的で作られたものであるはずだ。
昨今急激な進化を遂げるAIやテクノロジー技術全般に言える忘れがちなことだが、すべてのテクノロジーは本
来「人助け」を目的として、この世に誕生しているはずなのだから。
記事引用:https://techable.jp/archives/87351

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)