ピカチュウの声がデッドプール!ハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』予告編公開

 ハリウッドのポケモン実写版映画『名探偵ピカチュウ』(Pokémon: Detective Pikachu)の予告編がWarner Bros. Pictureにより公開された。
image.png

Table of Contents

あらすじ

失踪した父親を捜すためにティム(21)は、ポケモンたちと会話のできるピカチュウとコンビを組んで、「ライムシティ」で起こるさまざまな事件に挑んでいく。やがて、街全体を巻き込む大きな事件に、ティムとピカチュウが立ち向かっていくことになるのだが…。

【動画】

ジャスティス・スミス氏が演じる主人公ティムは、劇中にでてくる一匹のピカチュウが何を喋っているのかがわかるというゲームと同じ設定である。なんと、ティムの耳に聞こえるピカチュウの声を演じるのは映画『デッドプール』でデッドプール役のライアン・レイノルズ氏。ピカチュウの容姿とは似合わない渋めの声がなんともユニークだ。ティム以外の人には世界中の人が聞きなれた大谷育江が演じる鳴き声である。

 

 俳優・渡辺謙もキャストとして予告編にも登場しており、映像を見る限りでは素晴らしい出来栄えである。ポケモン達もリアルにCGで描かれており、可愛さ、愛くるしさはアニメ・ゲームと遜色がない。フシギダネの行進や机でムスッとしているプリン、炎を吐くリザードンなど生き生きと動き回る姿は、現実世界にポケモンが居るかのような錯覚を覚えてしまう。

監督は『ガリバー旅行記』『グースパンプス モンスターと秘密の書』のロブ・レターマン。2019年5月10日全米公開予定である。日本での配給は東宝が担当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)