ラベルに触れるだけで食品の鮮度が確認できるサービス「Mimica Touch」

概要

英ロンドンのスタートアップ企業「Mimica(ミミカ)」が、食品の劣化を検知する食品表示ラベル「MimicaTouch(ミミカ・タッチ)」を開発した。

Mimica公式サイト

創業者で工業デザイナーのSolveiga Pakštaitėさんが英ブルネル大学在学中に考案したもので、ゼラチンベースのジェルが、食品の変化や温度変化に反応し分子崩壊することで、対象の食品と同じペースで劣化していく仕組みを活用して開発した。食品が新鮮なうちはなめらかな表面が、食品の劣化に伴って凸凹してくる。消費者は、このラベルに触れるだけで食品の鮮度を確認でき、安全かつ無駄なく、食品を消費できるというもの。

英非営利団体「WRAP」によると、2015年時点で、英国の家庭から排出された食料廃棄物は730万トンで、食品は保存環境や扱い方によって劣化のペースが異なるが「一律に消費期限が記載されている」ため、まだ安全に食べられるにもかかわらず、その多くが廃棄されているというのが現状。

「Mimica Touch」は、食品の鮮度をより精緻に検知することで食料廃棄量の削減につながるのみならず、視覚障がい者や高齢者ら、従来の食品表示が読みづらい消費者にも食品の鮮度を触覚で伝えられることから、食品表示のアクセシビリティ向上にも役立つと話している。「Mimica」は2018年3月、デンマークの大手乳製品メーカー「Arla Foods(アーラ・フーズ)」との提携のもと、パック詰め牛乳を対象に「Mimica Touch」の実証実験に着手しており、今後は、他の食品にも広く展開していきたい方針だという。

食品流通にフォーカスしよう

日本の場合、国産の青果流通の8割以上が卸売市場を介する。その基本的な流れは、農協などの集荷組織に農産物を出荷すると、ほかの生産者の品物と混ぜられ、一律に「消費期限」をラベルに貼られ、その時の相場で販売されるという。普通に農家から見ると、自分の生産物がどう消費されたかはわからない。農家の収入は、平均で販売価格の半分程度。こうした情報の非対称性を抱えた流通形態は長年続いてきて、それが当たり前のようになっている。

ちなみに、一般農家から買い取った生鮮食材の流通時の廃棄率は20%前後といわれている。農家が育てた食材が我々の手に届くまで、2割も脱落しているということであり、大きな損失となっているのだ。その数値を20分の1の0.88%という低廃棄率に抑えることに成功した国内スタートアップ企業にSENDがある。

消費者に渡る「前段階」での食品廃棄の効率改善を目指した試みやスタートアップはすでに各所にあり、新サービスによって改善される点も多くなるとは予想される。これらのサービスが浸透して社会の効率化を目指していく余地は大いにあるのだ。

引用⇒ https://techable.jp/archives/86190

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)