サウジアラビアが政権批判ジャーナリスト、カショギ氏の暗殺を認める

政権に批判的であったジャーナリスト、ジャマル・カショギを殺害したのではないかとの疑惑でついにサウジアラビアは正式に殺害を認めました。

カショギ氏は結婚に必要な書類手続きをするためトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪れ、その後行方不明になりました。当初サウジアラビアがこれに関与している疑惑がありましたが、これを否定。トルコ政府の捜査と各国からの追求により事実を認めざるを得ない状況になったと思われます。

今後、真相究明がなされるのかが注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)