中国スタジオが開発した、運命操作ゲーム『WILL:素晴らしき世界』が15日に配信開始

概要

2017年6月にSteamでリリースされた中国発のアドベンチャーゲーム「WILL:素晴らしき世界」。Steam内で高評価であったビジュアルノベルゲームが、ついにPS4 / Nintendo Switchに移植。2018年11月15日より配信開始が決定された。販売価格は1,480円。配信開始前の11月14日23:59までなら割引価格、1,332円(税込)で購入できる。

開発を行ったのは中国のWHY Studio。

運命操作×推理アドベンチャー

見知らぬ部屋で目覚めた一人の少女。彼女の前に「イシ」という名のしゃべる犬(?)が現れ、そしてこう言います。「僕らは神様なんだワン。僕らのお役目は、助けを求める人間の運命を変えることだワン。」彼女は、人間からの手紙の一部を、いろいろ組み替えることで運命そのものを変えることができる神様なのでした。 (公式ページより)

このゲームの特徴は単純に読み進めるビジュアルノベルではなく、様々な人の運命を入れ替えるという独創的なパズル性を持っている。プレイヤーの元に届く手紙はバッドエンドの運命であり、その手紙の中に書かれている出来事を並べ替えることで、自身が神の手となって、手紙の主の運命を変えていくという異色の内容となっている。手紙が二通届くこともあり、二人の人物の出来事を入れ替えることで、物語が思わぬ方向へと展開していくことも。手紙の結末毎にランク評価があるのもこのゲームの特徴の一つで、幸福な結末に導くよう何度もプレイすることが可能だ。独創的なシステムや登場人物も魅力的であり、Steamにおいても高評価を獲得した。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)