東京芸大院で19年度からゲームコースが開設。ゲームを専門に学べる国公立としては初の大学か

 東京芸術大は30日、2019年4月から大学院映像研究科(横浜市)に、ゲームの研究を行う専門のコースを開設すると発表した。芸術の一分野としてゲームを捉え、その可能性や映像表現のフィールドを広げるのが狙いで、東京芸大は「ゲームについて専門的に学べるのは国公立大では初ではないか」としている。

 東京芸大によると、ゲームコースは映像研究科のアニメーション専攻とメディア映像専攻に在籍する修士課程(2年間)の学生が選択でき、各学年数人程度となる予定。デジタル、アナログ双方のゲームに関するさまざまな講義や演習を行うほか、修了研究として学生自らゲーム作品を制作する。(共同)引用元

 東京芸術大によると、ゲームソフト開発販売として大手である、スクウェア・エニックスなども協賛し、教師の派遣も受け付けるようだ。他にもゲーム教育で実績がある米国の大学との共同授業も実施する予定があるという。

ゲームコースは映像研究科のアニメーション専攻とメディア映像専攻に在籍する修士課程(2年間)の学生が選択でき、各学年数人程度となる予定。デジタル、アナログ双方のゲームに関するさまざまな講義や演習を行うほか、修了研究として学生自らゲーム作品を制作する。

数年前、『モナ・リザ』が展示されていることでも有名なルーブル美術館は、漫画を「第9番目の芸術」として認めた。ゲームもいずれ、「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」「漫画」に次ぐ「10番目の芸術」として認められるようになるかもしれない。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)